ゼノテックシステムを導入し、ジルコニア・セラミック・CAD/CAM冠などを取り扱う歯科技工所O-bic(オービック)

歯科技工所o-bic

オススメ商品

ガイデッドサージェリー

  • サージカルステント外注受付いたします

    サージカルステントの作製承ります。
    診断時に発生するアーチファクト除去等Drサイドでの煩わしい作業コチラで行えます。 埋入計画時においても遠隔リンクを行うことにより計画時より最終補綴物のイメージを共有、具現化が可能です。

  • サージカルガイド
    インプラント補綴の製作は煩雑なうえにとても繊細でシビアです。日々臨床のケースに携わっていくとある種の壁にぶちあたります。
    患者様にインプラントを審美的で永く使用して頂くためにも
    補綴主導でのガイデッドサージェリーは必須です。

▼補綴主導のトップダウントリートメントによる予知性の高い設計
 ストロ-マンガイデッドサージェリーは、外科的、補綴的にも適切な一へのインプラント埋入を実現します。
1つの症例に対して歯科医師、歯科技工士といった歯科専門家がチームとして最初から関わることで、
                  審美性や機能性など の面で従来法に比べより予知性の高い結果を得ることが可能になります。

▼外科術式における精度の向上
3D(CB)CTデータには、従来の2Dレントゲン写真よりも多くの情報が含まれています。
この豊富な情報をもとに制作したインプラントポジションのブランニングとサージカルガイドが、外科手術の信頼と安心感を高えます。
またガイデッドサージェリーによって低侵襲手術が可能となり、患者様の負担の軽減ができます。

▼患者様とのより良いコミュニケーションがインプラント治療における信頼関係を構築
多彩な画面表示機能によって、治療オプションの選択理由を効果的に患者様に説明できます。
さらに専門の3D眼鏡を装着すると coDiagnostiX ソフトウェアで患者様に自分の顎の状態を立体的に確認いただくこともできます。

ワークフロー

  • 1.作業模型の製作
    ジルコニア

    作業模型はスキャンテンプレートとサージカルガイド製作の基礎となります。
    医科用CT・歯科用BCTを問わず、幅広いCTスキャナーに対応しています。

  • 2.スキャンテンプレートの製作
    ジルコニア

    スキャンテンプレートには、完成時の補綴物の形態が再現されたX線不透過性の材料を用います。
    gonyX での制作時には、インプラント埋入の プランニングがサージカルガイドに確実に反映されるよう、3本のtempliX リファレンスピンが templiX プレートに固定されていることを確認製作。

  • 3.CTスキャン
    ジルコニア

    gonyX で製作したスキャンテンプレートを装着し、 患者様をCTスキャンします。

  • 4.診断と3Dインプラントプランニング
    ジルコニア

    3Dデータセット(DICOM)はプランニングソフトウェアであるcoDiagnostiX ソフトウェアに直接インポートすることができ ます。
    患者様の解剖学的構造と補綴物の形態を考慮してインプ ラントの位置を決定します。インプラント埋入のプランニング が完了すると、ソフトウェアがgonyX でサージカルガイド製作の計画およびStraumannガイデッドサージェリーキットに対する治療計画を提示します。

  • 5.サージカルガイド
    ジルコニア

    coDiagnostiX ソフトウェアが各インプラントについて提示す るテンプレートプラン(gonyX template plan)に従い、
    gonyXはインスツルメントおよびインプラント埋入をガイドするスリ ーブが含まれています。
    新たにテンプレートを製作する必要は ありません。
    スキャンテンプレートを再加工してサージカルガ イドにすることができます。

  • 6.ガイデッドサージェリーとインプラント埋入
    ジルコニア

    患者様の口腔内にサージカルガイドを固定後、ガイデッドインス ツルメントを用いてインプラント床を形成し、続いてインプラン トを埋入します。
    プランニングソフトウェアが提示するサージカ ルプロトコールには、各インプラント埋入部位に必要なインスツ ルメントが表示されます。

  • メタルボンド
    gonyx


    当ラボでサージカルガイドを製作する時にはCADでの設計後プリンター出力でのステント製作と
    gonyX(ゴニックス)を使用した技工士ハンドメイドによる高精度製作の2通りお選びいただけます。

    gonyX™はサージカルガイド製作に使用するテンプレートプランを設計するcoDiagnostiX™(ストローマンガイド)と互換性を持ちます。
    テンプレートプラン(CTステント)には、各インプラントの埋入位置を示す4種類のパラメータ値と外科用スリーブの深度に関する情報が含まれています。
    さらにcoDiagnostiX™(ストローマンガイド)は、埋入深度、サージカルガイドを確認するための検証シートを提供します。
    必要に応じてスキャンテンプレート(CT用ステント)をサージカルガイドに再加工することも可能です。
    そしてこのガイドは光造形などのマテリアル等でない精度を持っているので高い信頼性と予知性、審美性でDrの高い満足度を実現します

  • ORIGINAL on Original!

    ORIGINAL on Original!
    インプラントとアバットメントの接合不良などが原因で、
                       インプラント周囲炎を引き起こす可能性があります。
    そして臨床の中で一番実感しているのが周期荷重後の接合面のスクリューの緩みです。
     CARESを使用することにより適合精度の高い純正コネクションをもつインプラント修復物は、最適な機能を発揮するように設計されています