O-bic(オービック)|香川 歯科技工所 インプラント 義歯 ジルコニア オールセラミック 宅配

  • Facebook
  • Twitter
  • Dropbox
  • Entry
Technique

Intraoral photography口腔内撮影方法

写真撮影によりシェードはもちろんの事、顔望と歯列との位置関係/バランス確認が出来るため多数歯修復に限らず単独歯作成時に有用な情報となります。

口腔内撮影方法

カメラ側の設定例

露出モード マニュアルモード
絞り F20~F32
シャッタースピード 1/125〜1/250秒
ISO感度 ISO100〜200程度の範囲で固定
ホワイトバランス フラッシュ光(必要に応じて補正を加える)またはマニュアルホワイトバランス
ストロボ発光モード オートもしくはマニュアル発光
画質設定 JPEG(FINE)+必要に応じてRAWで撮影します
画像サイズ 必要に応じて多少小さいサイズで撮影しても構いません。

デンタルフォトは最初の設定こそ複雑ですが、一度適切な設定が行えれば、同じ環境であれば以後はほとんど設定を変える必要がありません。